超高配当米国株 BDCを解説

米国ETFなど

こんにちは、うりぼうです

今回は超高配当の米国株であるBDCについて解説していきます

うりぼう
うりぼう

高配当なのでリスクはもちろんありますが…

不労所得が大好きな方は一考の余地がある投資先ですよ

スポンサーリンク

BDC解説

BDCとは

BDCは、ビジネス・ディベロップメント・カンパニーの略です

日本語では事業開発会社と言います

BDCとは

どんどん新しい企業が出てくるアメリカで、中小企業などの事業に資金を提供する会社です

バーゼル規制の影響で銀行は中堅企業以下への融資を縮小させています

※バーゼル規制:国際的に活動する銀行の自己資本比率等に関する国際統一基準のこと。ものすごくざっくり言うと、銀行はお金を貸してばっかりいないで手元にある程度お金残しときましょうねっていう決まりごとです

つまり…
新しい事業をやりたいのに銀行がお金を貸してくれないときに頼るのがBDC

中堅以下の企業へ銀行より高い金利でお金を貸しています

 

BDCの仕組みを以下の図にまとめました

私たち投資家は、BDCを通じて複数の中堅以下の企業に融資できるというわけですね

リスクの高い投資信託のようなイメージ

中小及び新興企業への資金供給等を促す目的で誕生したものであり、資金面だけでなく経営面でのサポートも行っています

貸したお金の金利分や経営面でサポートした分の手数料などが収益となります

 

超高配当

BDCはどの銘柄も超高配当です

株であれば3%を超えたら高配当

5%を超えたら超高配当と言えるレベルです

しかし、BDCは配当利回り8%~10%を超えるものまであります

うりぼう
うりぼう

BDCの配当利回りは7%台だとちょっと低いくらいです

買うタイミング次第で10%越えも全然狙えるのがBDC

利益の90%以上を配当に充てることで法人税の免除を受けています

うさぎさん
うさぎさん

法人税免除の仕組みはリートと一緒ですね

それにしてもすごい配当…

簡単にいくつかBDC銘柄の配当利回りを確認してみましょう

価格は2021/05/05時点で、配当金は直近のものを使って計算します

銘柄 株価(ドル) 直近配当金 配当利回り
BIZD(ETF) 16.68 0.3708 (年4回) 8.89%
ARCC 19.00 0.4 (年4回) 8.42%
ORCC 14.46 0.31 (年4回) 8.57%
MAIN 42.06 0.205 (毎月) 5.84%
PSEC 8.08 0.06 (毎月) 8.91%

このように、BDCは超高配当となります

BDC指数に連動するETFであるBIZDが9%近くですので、このあたりがBDCの中央値と言えます

 

BDC指数

BDCの動向を知るための指数として以下のものがあります

①S&P BDC指数

②ウェルズ・ファーゴ・ビジネス・デベロップメント・インデックス

 

アメリカではこのBDC指数に連動するETFが上場されています

うりぼう
うりぼう

BDCのETFはBIZDが有名です

残念ながら日本では購入できません

ねずみさん
ねずみさん

日本じゃ買えないのかぁ…

 

ではここでBDCの相場観を確認するためS&P BDC指数の10年チャートを見てみましょう


出典:https://www.spglobal.com/spdji/en/indices/equity/sp-bdc-index/#overview

10年チャートで見てもボックス相場

値上がり益はほとんど期待できないことが分かります

さらに、2020年に一度暴落していますね

これはコロナショックです

BDC全体で50%くらい下がっていたことが分かります

 

BDCのリスク

BDCは中堅以下の企業への融資がメインとなります

当然S&P500に入るような大企業ではなく、吹けば飛ぶような企業も投資先に含まれています

うさぎさん
うさぎさん

財務基盤の弱い企業へも融資しているため、リーマンショックのような金融危機に極端に弱いわけですね

うりぼう
うりぼう

そうです

さらに、不景気に弱い、株価は上がらないという完全なインカム狙いの銘柄がBDCです

それだけ弱点が明確なのに投資家を魅了してやまないのがBDCです

 

BDCの狙いどころ

BDCの代表格であるARCC(エイリスキャピタル)はリーマンショックを乗り越えています

時価総額もBDCの中で1番の銘柄です

そのため、暴落時に拾いたい銘柄として投資家には密かに人気だったりします

うりぼう
うりぼう

19ドル付近だった株価は、2020年のコロナショックでは9ドル付近まで落ちました

でも減配は一切せず2021年5月現在株価はほぼ暴落前に戻っています

もし暴落時に10ドルで買って今も持っているとしたら、配当利回りは16%です

ねずみさん
ねずみさん

配当利回り16%!?

詐欺を疑うレベル

このように、BDCは普段から高配当なうえ暴落時に一気に下がるため、リスクが高いと知りながらも暴落時に仕込みたい銘柄としても有名です

 

BDC銘柄で買うとしたら

BDC銘柄なら何でもよいわけではありません

リスクが高いからこそ慎重に選びましょう

BDCで狙うなら…

・ARCC(エイリスキャピタル)
BDC買うならとりあえずこれです
BDCの中で時価総額トップを守り続けている銘柄でありリーマンショックも乗り越えています

・MAIN(メインストリートキャピタル)
時価総額はARCCに劣るものの結構高め
毎月配当だが配当利回りはBDCにしては低いです
それでも6%~8%程度
BDCで唯一キャピタルゲインも狙える銘柄です

・ORCC(オウルロックキャピタル)
時価総額でARCCと競っている会社
2019年に上場したばかりの新興BDC
期待の星

 

このあたりはBDCの中では結構よい銘柄です

あくまでBDC自体リスクがあるため、BDCの中ではよいというお話です

 

リスクを抑えて投資するなら

BDCはどうしてもリスクが高いです

自分のポートフォリオの一部にしましょう

例えば以下のような投資がおすすめです

①S&P500連動の投資信託をメインで積み立て
資金の10%以下の範囲でBDCを少し組み入れてみる
②インデックス投資とは異なるがしっかり分散の聞いたVYMなどをメインで定期購入
配当利回りをもう少し高めるため資金の5%をBDCにしてみる

 

このように、「コアとなる分散の効いた投資信託やETF」を増やしていく中で、少しだけBDCを入れるのがリスクを抑える方法です

コメント

タイトルとURLをコピーしました