【朗報】ブログ記事を上手にパクる方法【パクリは最強/手順を解説】

キャリア


ブログが伸びない人
「全然ブログが伸びないなぁ・・・。他のブログをパクれたら手っ取り早いのに。そもそも、パクリはどうしてダメなんだろう。あと、どこまでならOKなの?何もわかりません。」

 

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

 

✔もくじ
1.ブログ記事を上手にパクる方法
2.コピペや改変がNGな理由
3.具体的なやり方を解説します

 

 

順に解説します。

 

スポンサーリンク

1.ブログ記事を上手にパクる方法

 

副業ブログで毎月10万円稼いでいます。今回は「ブログ記事を上手にパクる方法」を解説します。記事を読めば、効率よく良質な記事を書くことができますよ。

 

 

2.コピペや改変がNGな理由【ブログ記事】

 

結論として、パクるのは全然OKです。ただし、下のルールだけは守ってください。

 

 

「参考にする」のはOKだが、「コピペ」「改変」はNG

 

 

具体的には下記の通り。

 

参考にする:
他人のブログの内容を前提に、「自分の言葉」でより良い記事を書く。
コピペ:他人のブログをコピペして記事にする
改変:コピペした内容を改変して記事にする

 

 

ブログ記事のコピペ・改変がNGな理由

結論として、下記のとおりです。

 

・著作権侵害になる
・Googleに低評価される
・評判が最悪になる
・スキルが身につかない

 

 

順に解説します。

 

 

著作権侵害になる

法律違反です。最悪、「損害賠償請求」を起こされますよ。

 

著作権侵害とは:
著作権の目的となっている著作物を、著作権が及ぶ範囲で利用する行為であって、その利用について正当な権原を有しない第三者によって行われるものをいう。

 

 

Googleに低評価される

結論として、コピペ記事や改変記事はGoogleに評価されません。というのは、Googleは「重複コンテンツ」を評価しないからです。

 

 

また、パクられた側はGoogleに通報して記事削除申請が行えます。これが通ると、記事が全て削除され、ドメインごと低評価されることもあります。

 

 

評判が最悪になる

「あの人は他人の記事を盗む」という評判が広まります。結果、下記のようなデメリットが発生します。

 

・有益な情報が入ってこない
・困ったときに協力してもらえない
・オリジナル記事も評価されない
・読者の信頼が落ちる

 

 

スキルが身につかない

ぶっちゃけ、コピペや改変は誰でもできます。それこそ、ツールを使えば一発ですよね。なので、そのやり方を何年続けてもスキルになりません。ブログを書くと「ライティングスキルが急激に成長」します。しかし、コピペ改変だと全く成長しません。時間の無駄ですね。

 

 

3.他のブログ記事をパクる方法

 

結論として、「狙うキーワードの上位表示10記事」を調べて、下の3つをすればOKです。

 

⑴記事タイトルを参考にする
⑵見出しを参考にする
⑶記事内容を参考にする

 

 

順に解説します。

 

⑴記事タイトルを参考にする

結論として、下記を行えばOKです。

 

・検索上位10記事の記事タイトルを読む
・それらより良い記事タイトルを作る

 

詳細は、下の記事で解説しています。

【朗報】副業ブログの記事タイトルを作る方法を解説します【保存版】
【朗報】副業ブログの記事タイトルを作る方法を解説します【保存版】

 

 

⑵見出しを参考にする

結論として、下記を行えばOKです。

 

・検索上位10記事の見出しを読む
・それらより良い見出しを作る

 

1点だけ重要ポイントがあります。それは、「削ること」です。つまり、「この見出しは読者にとって不要かも」と感じたら削りましょう。不要な見出しは読者を混乱させます。

 

⑶記事内容を参考にする

結論として、「狙うキーワードの上位表示10記事」について、下の3つを行えばOKです。

 

・論理構造をシンプルにする
・情報を網羅する
・一次情報を入れる

 

順に解説します。

 

論理構造をシンプルにする

結論として、小学生でもわかる論理構造にしましょう。

 

 

論理構造とは:
ある「根拠」に基づいて何らかの「主張/結論」が成立していること。
(参考https://www.malt100.com/entry/2018/02/05/110053

 

 

 

シンプルな論理構造とは

具体例をあげます。「野菜が体にいい理由」なら下記の通り。

 

 

複雑な論理構造:伝わりにくい
野菜を食べると体にいいです。実際、多くのスポーツ選手が毎日野菜を食べているようです。野菜には、ビタミンを始めとする栄養素が多く含まれています。他に、お肉も食べますよね。人間の祖先は実は肉ばかり食べていました。大脳新皮質は本能をつかさどる脳の部位ですが、私たちが肉ばかり食べたくなるのは、そのせいかもしれません。でも、だからこそ、野菜はもっと食べた方がいいですよ。なぜならお肉は食べ過ぎてしまうからです。野菜には多くの栄養素が含まれているので、体にいいんです。では、なぜこういった栄養素は体にいのでしょうか。それは、人間の体が栄養素によって構成されているからです。だから、野菜をもっと食べましょう。

 

シンプルな論理構造:伝わりやすい
野菜をもっとたくさん食べましょう。なぜなら、体にいいからです。というのは、人間の体は野菜に含まれる「栄養素」で出来ているからです。実は、本能のせいで人間は肉を食べがちなんです。意識して野菜を多めに食べましょう。

 

 

圧倒的に読みやすくなったのが、伝わりますでしょうか。このように、「複雑な論理構造の文章をシンプルに直すこと」が重要です。

 

 

情報を網羅する

結論として、情報を網羅しましょう。なぜなら、Googleは網羅性の高い記事を評価するからです。

 

とはいえ、これは当たり前ですよね。読者の立場からすると、「1つの記事で全ての情報を網羅してほしい」と感じるはずです。なので、網羅性の高い記事は読者に愛され、Googleも高評価してくれます。

 

 

記事の網羅性を高める方法は下記のとおりです。

 

記事の網羅性を高める方法
・定義を考える
・他の場合がないか考える
・他の理由がないか考える
・読者の疑問と回答を入れる
・具体例を入れる

 

 

例えば、ダイエットの記事なら下記のとおりです。

 

⑴BEFORE

この記事が改善前です。

痩せたいですか?それなら、沢山運動したらOKです。というのは、運動することでカロリーが消費されるからです。とりあえず、今日からランニングしてみてはどうでしょうか。

 

⑵改善する

先ほど紹介した「記事の網羅性を高める方法」に基づいて、改善していきます。

 

・定義を考える:そもそも痩せるとは何か
・他の場合がないか考える:運動しても痩せない場合がある。
・他の理由がないか考える:代謝が上がって痩せやすい体になることもある。
・読者の疑問と回答を入れる:「運動を継続するのが辛いです・・・」
・具体例を入れる:ダルビッシュのトレーニング

 

 

⑶AFTER

記事を改善したら、こんな感じになります。

痩せたいですか?今回は正しいダイエット方法を解説します。その前に、「そもそも痩せるとは何か」を解説します。

 

痩せるとは:
体内の脂肪率を低下させること

 

それなら、下の3つを行えばOKです。勘違いされやすいですが、「運動すれば痩せる」というのは半分正解で半分間違いですよ。この記事では、正しいダイエットをお伝えします。ちなみに、このやり方はダルビッシュさんのトレーニングを参考にして書いています。

 

・運動する
・食事のカロリーを減らす
・野菜を摂取する

 

以下で順番に解説します。

 

・運動する
運動すると、痩せます。理由は2つあります。1つ目は、カロリーを消費できるからです。2つ目は、代謝が上がるからです。効率的なのは、ランニングや階段の上り下りです。今日から実践しましょう。

 

・食事のカロリーを減らす
食事のカロリーを減らすと痩せます。なぜなら、そもそもの体内カロリーが少なくなるからです。白ご飯を減らしてプロテインを飲む、などの置き換えダイエットも有効ですよ。

 

・野菜を摂取する
野菜を摂取すると痩せますよ。なぜなら、野菜は体脂肪を消化しやすくし、分解してくれるからです。おすすめなのは、コンビニのカット野菜です。ポン酢をかけて食べるとおいしいですよ。

 

よくある質問:「運動を継続するのが辛いけど、どうしたらいいですか?」
結論は、小さく始めればOKです。いきなり大変なトレーニングを始めたり、ジムに通うのはおすすめしません。なぜなら、三日坊主になりやすいからです。そうではなく、「自重トレーニングを毎朝・寝る前に少しやる」というう風に、習慣化した方がいいですよ。

 

 

こんな感じです。かなり「良い記事」になったはず。「検索上位の記事がイマイチ・・・」と感じたら、それはチャンスです。情報を網羅してあげれば、あなたの記事が上位表示されますよ。

 

 

一次情報を入れる

結論として、「その情報の根拠はあるの?」と感じたらチャンスです。一次情報を探してきて、補足しましょう。特に、重要な事実について一次情報を示すのは有効です。

 

重要な事実:
その事実が成立しないと、そもそも記事の価値がなくなるような事実。

 

例:「ピサの斜塔が傾いた理由」をもとに、日本の建築業界を語る場合
ここでいう重要な事実は「ピサの斜塔が傾いた理由」です。なぜなら、この事実に信用性がないと、記事の前提が崩壊してしまい、記事が無価値になるからです。

 

 

一次情報を入れる方法【参考を使えばOK】

結論として、「参考」を使いましょう。これで、一次情報は完璧になりますよ。

 

 

「参考」が最強な理由は下記のとおりです。
・読者やGoogleに信頼される
・SEO的に有効である(発リンク効果)

 

 

「参考」のやり方は下の2つでOKです。
・参考にした部分を明確にする
・URLを明記する

 

まとめ

 

今回は「ブログ記事を上手にパクる方法」を解説しました。上位表示されてる記事を参考にして、良い記事を効率的に書きましょう。参考になれば幸いです。

 

キャリア
スポンサーリンク
うりぼーをフォローする
スポンサーリンク
uriboublog
タイトルとURLをコピーしました