【絶対にばれない】会社に副業がばれる原因と対処法を解説しました【失敗する理由は簡単】

副業ブログ


副業がばれないか心配な人
「副業を始めようかな・・・。でも、もし稼げたとしても会社にばれたらどうしよう。というか、どうして副業がばれるんだろう。何もわかりません。教えてください。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

✓もくじ
1.会社に副業がばれる原因と対処法を解説しました
2.会社に副業がばれる原因とは
3.副業がばれたときの対策
4.会社が副業を禁止する理由

 

 

スポンサーリンク

1.会社に副業がばれる原因と対処法を解説しました

 

副業ブログで毎月10万円稼いでいます。また、ブログ以外にもありとあらゆる副業に挑戦してきました。しかし、一度たりとも副業がばれたことはありません。というのは、絶対にばれない方法を実践しているからです。今回は、経験者の立場から「副業が絶対にばれない方法」を解説します。

 

2.会社に副業がばれる原因とは

 

結論しては、下の2つです。

⑴密告される
⑵住民税でバレる

 

 

順に解説します。

 

 

⑴密告される

大きく2つのパターンがあります。

・リアル経由でバレる
・ネット経由でバレる

 

・リアル経由でバレる

一番多いのが「飲み会で副業の話になって、自分が儲かってる自慢をしたら、後日上司に密告される」といったパターンです。

密告でなくても、上司がいる前で「そういえば、ブログは儲かってる?」といった質問をすれば、相手の会社内の立場を潰すことができます。「そんな人がいるの?」と思うかもしれませんが、結構います。また、後で咎めても「そんな大ごとになるとは思ってなくて…。ごめんね!」という言い逃れが可能です。

 

・ネット経由でバレる

次に、ネットで出した情報から特定されるパターンがあります。大きく分けて、下のとおりです。

内容から特定された
実名から特定された

 

内容から特定された

例えば、「あなたしか知りえない情報をブログに書きすぎた場合」などです。読む人が読めばわかります。つまり、ある日突然「このブログ、あなたが書いてるの?」と聞かれるわけです。

 

実名から特定された

例えば、ブログを拡散するためにFacebookを使うとしましょう。その際、Facebookページを作成する必要があります。この時、本名のままページ作成すると、当然ですがばれてしまいます。おすすめは、Facebookアカウントをブログの名前で登録するか、ペンネームを使うことです。

 

 

「密告でバレる」を防ぐ対処法

結論として、下記を守ればOKです。
・他人に副業の話をしない。
・自分だと特定できる内容をネットに出さない。
・実名をネットに書き込まない。

 

⑵住民税でバレる

住民税から副業がばれるケースがあります。

 

住民税から副業がばれる仕組み:
市役所から住民税の通知が会社にいきます。その際、副業で稼いだ『雑所得』が住民税に含まれ、会社が払う住民税が増えてしまいます。他の従業員と違い、あなただけ住民税の額が増えているので、バレバレです。

 

「住民税で副業がばれる」を防ぐ対処法

対処法は、住民税を「普通徴収」にすればOKです。つまり、自分で住民税を収めて、会社に通知が行かないようにする、ということです。手順は下記のとおりです。

 

・毎年の確定申告(2月15日から3月14日)の際、 市役所に行って「確定申告したいんですが」と伝える。
・確定申告用紙の「住民税に関する事項」にある「住民税徴収方法の選択」の項目に対して、「自分で納付」を選択する。
・万が一、会社の人に「なぜ自分で厳選徴収するの?」と聞かれたら「ふるさと納税です」とだけ答えましょう。これで何も言われません。

 

【補足】住民税を納める方法
・特別徴収:会社があなたの代わりに住民税を納める方法
・普通徴収:自分で住民税を納める方法

 

3.副業がばれたときの対策

「趣味の延長だった」と話し、本業に支障がないことをアピールしましょう。その後、ほとぼりが冷めればまた副業を再開しましょう。再開する際には、下の4つを行えば、OKです。

 

・ドメインを変更
・ブログ名を変更
・ハンドルネームを変更
・ジャンルを変更

 

このうち、「ドメインを変更」だけは少し手間です。ブログを始めたときと同じように、お名前ドットコムから別のドメインを取得しましょう。詳しくは下の記事で解説しています。

【始め方を解説】副業ブログの始め方を解説!楽しみながら最速で月10万円稼ぐ方法【2019年最新版】
【完全保存版】WordPressとSNSを連携して自動投稿する方法【5分でできる】

4.会社が副業を禁止する理由

 

会社の経営陣が副業を禁止する理由は、下記のとおりです。

・会社での本業に支障をきたすと思い込んでいるから。
・副業を始める社員が増えては示しが付かないから。
・自分たちを指しおいて稼いでいるのが気に入らないから。

 

こういった会社の立場も理解した上で、全力でバレないように副業をやりましょう。

 

余談:
「うちは副業OKだよ」と言っておきながら、後から副業を理由に処分を行う会社すら存在します。有名どころでは、motoさんの例が挙げられます。副業に関しては、「会社の言うことは死んでも信用しない」くらいのスタンスが良いかと思います。

 

 

そもそも「副業OKの会社」に転職するのもありかもです。いまどき、副業を禁止するなんてナンセンスですから。

 

もし転職を少しでも視野に入れるなら、下の3つのエージェントがおすすめです。副業OKな案件も紹介してくれますよ。

 

無料でビズリーチに登録
無料でJACに登録

 

まとめ

 

今回は、経験者の立場から「副業が絶対にばれない方法」を解説しました。他人に自慢せず、ひたすら自分の副業を伸ばしましょう。ちなみに、副業友達が欲しい場合はTwitterがおすすめです。私もやっているので、気軽にフォローください。

 

副業ブログ
スポンサーリンク
うりぼーをフォローする
スポンサーリンク
uriboublog
タイトルとURLをコピーしました