電柱敷地料はいくら? 少ないけど立派な不労所得です

その他

こんにちは、うりぼうです

ねずみさん
ねずみさん

家の敷地に電柱が立っているけど、お金はもらえるの?

という疑問にお答えする記事となります

私の家は戸建で、電柱本体と支線があります

電柱が自分の敷地の中にある場合は、定期的にお金がもらえますよ

スポンサーリンク

電柱敷地料

そもそも電柱敷地料とは…

電力会社やNTTなどの通信会社が設置する電柱の借地料のことを言います

つまり

ねずみさん
ねずみさん

ここに電柱ほしいから君の土地少し借りるわ

少ないけど使用料払うからいいよね?

ということかな

うりぼう
うりぼう

そういうことですね

電柱自体あまりスペースは取らないとはいえ

人の土地に立てている以上、ちゃんと使用料を払う必要があります

 

それが電柱敷地料となります

電柱敷地料はいくら?

宅地や農地など、土地の用途によって値段が若干変わります

家の敷地に電柱がある!

という場合は宅地に立っている訳ですので…

1本あたり年間1500円
※基本的にはどこの電力会社でも変わりません

もう一つ言っておくと…

支線でも1本と数えられ、年間1500円となります
支線とは、電柱本体から地上へ斜めに張っている線のことです
よく黄色のプラスチックみたいなのでカバーされているものですね

つまり、本体と支線がある場合は2本分として、年間3000円もらえるというわけです

忘れたころに来るので結構お得感があります

いつもらえる?

うりぼう
うりぼう

電柱敷地料は3年に一度支払われます

3年分をまとめて振り込まれますよ

3年に一度です

私の家は本体と支線で2本分です

1500円×2で3000円を3年分ですので、3年に一度9000円をいただいています

何もしなくてももらえるの?

もらうための手続きについてです

基本的には、しっかり手続きをしないともらうことはできません

家を買った場合、元々土地は不動産会社の持ち物であることが多いです

ですので、この電柱が立っている土地の持ち主は自分だと示す必要があります

まずは電柱の持ち主を確認
東京電力?NTT?……
続いて持ち主に電話して聞いてみましょう
電力会社でも、通信会社でも、敷地料に関して窓口があるはずです

 

うさぎさん
うさぎさん

窓口で話して、振込先などを申請する書類をもらいましょう
それを提出すればOKです

 

うりぼう
うりぼう

私の場合は特に問い合わせはおこなっていません

電力会社に委託された別会社が書類を家まで持ってきてくれました

こういうケースもあります

人によっては20年くらい申請がないまま支払いもないというケースもあるようです

自分の家の敷地に電柱が立っている人は敷地料をもらっているかしっかり確認しましょうね

ちなみに、支払いの時期になると毎回申請用紙が届きます

振込先が変わった、すでに持ち主が変わった等の確認のためでしょう

うりぼう
うりぼう

書類の中に期限も書いてありますが、期限を過ぎても電話で提出を忘れていた旨をお伝えすれば大丈夫です

送られてきた書類が手元にあれば問い合わせもスムーズですよ

家の敷地に電柱があることのデメリット

ねずみさん
ねずみさん

でもさー電柱あると邪魔になりそうじゃない?

もらえる額も少ないしなぁ…

 

確かにもらえる額は多くはありませんね

そのうえデメリットもありますから、積極的に電柱のある家を買うかというとそれはまた別の話

電柱があることのデメリットは何でしょうか

いくつか挙げてみましょう

1.邪魔
駐車スペースの出入り口にあると車の出し入れの時に邪魔です
2.鳥の糞被害
鳥の糞による被害は場所に寄ります
少なくとも私の家ではほぼありません
場所によってはひどいところもあるようです
3.景観を損なう
せっかくの自分の土地です
人によっては嫌かもしれませんね
4.工事で使う
近所の家で光回線を引くことになったなど
自分の家とは関係ない工事で家の隣に工事用の車を停められて数時間工事されます

このように、デメリットもあります

購入しようとしている家に電柱が立っている場合は、よく考えてみましょう

立派な不労所得

私の場合、邪魔にならないところに電柱が立っています

土地を一部貸し出している状態ですが、普段全く電柱の存在を意識することはありません

それで、本体と支線の2本分の敷地料をいただいています

少額ですが、立派な不労所得です

例えば株の配当金で年間1500円を得ようと思ったらどうなるでしょうか…

もし日本株なら、税金を考慮すると約3.75%の配当利回りで手取り3%程度です
「利回り3.75%の株」を「5万円分保有」してやっと年間1500円の配当金となります

株やETFの配当金、分配金で不労所得を増やしていくというのが少しずつ浸透している今

こういった不労所得も面白いですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました