魅惑の毎月配当(分配)ETF【QYLD】

米国ETFなど

QYLDは魅惑の毎月配当(分配)ETFです

配当(分配)利回りは10%を超えます

正式名称はGlobal X NASDAQ 100 Covered Call ETF

うりぼう
うりぼう

ナスダック100のカバードコールで利益を出すETFですね

詳しく解説していきましょう

スポンサーリンク

QYLD解説

QYLDの価格や分配利回りなど


出典:https://globalxetfs.co.jp/funds/qyld/

いくつか注目ポイントを抜き出しました

◆22021/05/13時点
価格:21.57$
経費率:0.60%
分配利回り:12.46%
分配頻度:月次

 

ねずみさん
ねずみさん

んん??

分配頻度が月次?

うりぼう
うりぼう

そう、QYLDは毎月分配です

利回りも12%を超えている超高配当なETFとなります

しかし経費率が高い

うさぎさん
うさぎさん

他のETFは経費率を安くしているものもありますよね?

もっと安くならないんですか?

うりぼう
うりぼう

中々安くはならないと思います

カバードコールという特殊な戦略で利益を得る手法で、ただ現物を買い続けている銘柄とは違いますので…

グローバルX社は王道的な投資手法より、大手三社がやらないような手法のETFが多いイメージです

野球で例えるとストレートではなくナックルカーブで攻めてくるイメージ

毎月分配かつ高配当という、投資家からしたら怪しさしかない銘柄ですが、解説していきましょう

グローバルX社の毎月分配型ETF【SRET】も記事にしています

魅惑の毎月配当(毎月分配)ETFリート版【SRET】
こんにちは、うりぼうです 今回は、毎月分配型ETFの【SRET】についてお話します 以前、毎月分配型ETFとしてQYLDのお話をしました QYLDはカバードコールという特殊な戦略で高利回りを維持しています SRETは...

 

チャートと分配日、権利落ち日

うりぼう
うりぼう

QYLDの過去5年間のチャートを見てみましょう

完全なボックス相場

キャピタルゲインはほぼ狙えないETFであることが分かります

では次に分配金推移について見ておきます

分配金も比較的横ばいに推移していますね

株高や増配を期待する銘柄ではないことが分かります

続いて権利落ち日も確認しましょう

2020年5月から2021年4月までの権利落ち日です

分配権利落ち日 支払予定日 分配金単価
05/18/2020 05/27/2020 $0.204200
06/22/2020 06/30/2020 $0.209200
07/20/2020 07/28/2020 $0.214328
08/24/2020 09/01/2020 $0.220000
09/21/2020 09/29/2020 $0.211900
10/19/2020 10/27/2020 $0.216690
11/23/2020 12/02/2020 $0.222887
12/30/2020 01/08/2021 $0.229852
01/19/2021 01/27/2021 $0.228815
02/22/2021 03/02/2021 $0.233300
03/22/2021 03/30/2021 $0.223860
04/19/2021 04/27/2021 $0.228265

一番左の権利落ち日までにQYLDを買っておけば、その月の分配金をもらえるわけですね

だいたい支払い予定日の8日~10日前

20日あたりですが、多少前後します

その月の分配金が欲しい方は少し早めに買っておくことをお勧めします

 

カバードコール戦略

では、QYLDの中身を見ていきます

QYLDの利益の源泉であるカバードコールについてです

カバードコールは、あらかじめ定めた価格で買う権利を売却する戦略

その権利を買う人はオプションプレミアムを支払う必要があります

うりぼう
うりぼう

ちょっと難しいのでものすごくザックリ説明します

あなたは100円のりんごを持っています

そのりんごを「120円で買う権利を売る」のがカバードコール戦略です

この時、世界的な大飢饉でりんごの価格が300円になっていたとしても120円で売らないといけません

その代わり、120円でりんごを買った人から手数料として30円もらえます

そうすると、20円の値上がり益と、30円の手数料(オプションプレミアム)で50円の利益になります

 

一定以上の値上がり益を放棄する代わりにオプションプレミアムという手数料のようなものをもらえるというわけですね

うさぎさん
うさぎさん

もし権利行使日にりんごが値下がっていたらどうなるのでしょうか

120円で権利行使予定だったりんごが権利行使日に80円になっていた場合

100円で買っていますので20円の損失ですが、手数料(オプションプレミアム)が10円だとすると、10円の損失となります

オプションプレミアムの価格は一定ではないため、マイナスが発生した時にどの程度損失をカバーできるか事前に計算はできません

つまり…

値上がった時は値上がり益の一部とオプションプレミアムが利益となる

値下がった時は損失をオプションプレミアムが一部カバーする

 

新生銀行様のサイトにわかりやすく載っているので興味のある方はどうぞ

カバードコール戦略とは | 新生銀行

 

キャピタルゲインが欲しい方は…

ナスダック100と言えばQQQというETFが有名です

ナスダック100のキャピタルゲインが欲しい方はQQQを買いましょう

QQQは最近はS&P500を超えるトータルリターンを記録している優秀な指数です

トータルリターンを追い求めるならQQQの方が遥かに良いです

 

トータルリターン比較

せっかくですのでいくつか有名なETFとトータルリターンを比較してみましょう

グラフにすると分かりやすいですね

ねずみさん
ねずみさん

緑のQQQがトータルリターンは圧倒的

うりぼう
うりぼう

高配当銘柄は長期で見るほどトータルリターンは劣ってしまいますね

とはいえ、キャピタルゲインが狙えない割にはQYLDも健闘しているとも言えます

では次に、有名な高配当ETFと比較です

やはり高配当ETFの中ではキャピタルゲインが狙えるVYMが強いですね

しかし、最近までVYMと競っていたのがQYLD

トータルリターンもVYMには及ばないものの、HDVやSPYDには勝っています

これは意外ですね

うりぼう
うりぼう

高配当な分、税金がたくさん取られることも考慮する必要はありますが、トータルリターンでSPYDやHDVに勝てるなら十分投資対象にはなると思います

 

どういう投資家におすすめ?

QYLDの特徴を軽くおさらいです

    • キャピタルゲインは期待できない
    • 増配もあまり期待できない
    • でもものすごく高配当

こういった特徴を持っていますので、資産を最大化させたいという目的で投資するのは少し違います

キャッシュフローを最大化させたい時に投資を考える商品となります

ですので、QYLDが投資対象となるのは以下のような方です

元々配当金によるキャッシュフローの最大化を図っている投資家さん

普段インデックス投資をやっていて、配当金投資をお試しでやりたい投資家さん

すでに資産が十分あるので配当金を増やしたい投資家さん

 

ただ、比較的王道の高配当ETFであるVYMやHDV、SPYDと比べて複雑な商品です

経費率も高いため、万人におすすめできるETFとは言えません

ナスダック100が伸び続けている限りは高い配当を維持できると思います

しかし、ナスダック100が伸び続ける前提なら最初からQQQを買えばいいのでは…?という話にもなります

QYLDはキャピタルゲインがいらないという前提で購入する銘柄となります

コメント

タイトルとURLをコピーしました